日々の記録です。1日1歩、3日で3歩・・・

記事一覧

2014年1月号メルマガ

201401.jpg

最後の豊間日曜市

1月12日(日)、豊間日曜市に"いわきたなカー"出店してきました!
日曜市の最終回ということもあって、お客さんがたくさん!

toyoma_a.jpg

今回は新鮮野菜と、手芸作家さんの作品を販売しました。

toyoma_b.jpg

toyoma_c.jpg

toyoma_d.jpg

昨年から続いた日曜市、今回が最終回。
というのも、来月からこの場所で工事が始まることになっています。
近くに復興住宅が建設されることになっており、
それに合わせて店舗を作ろうと、住民の方が計画しているのです。
日曜市もその店舗をイメージして開催していたのです。
同じ地域に住んでいる人同士、気軽に顔を合わせて楽しめる場所があるといいよねと。
まさに"ぷらっと"のような空間を目指しているわけです。

ということで、balloon、そしてMeHiCuLiとしても、お手伝いをしたい。
完成した店舗に住民の方々がぷらっと訪れられるように、
今回の手芸作家さん、これまで日曜市に参加してくれていたネイルのお姉さん、
MeHiCuLiでお世話になっているオカリナのお兄さん、などなど、
みんなで楽しめるワークショップや教室を、店舗のフリースペースで展開できればと考えています。
もちろん"いわきたなカー"も行きますよ♪
MeHiCuLiのマネジメントの下、様々な機能を挿入して、楽しい"ぷらっと"を作りたいと思います!


話は戻りますが、今回の日曜市では即席で"こどもたなカー"も行いました。
11月に開催したのですが、その時のこども達が遊びに来てくれました☆
せっかく来てくれたので、みんなで駄菓子屋をやろう!と準備開始。

toyoma_e.jpg

toyoma_f.jpg

休憩しているおばあちゃん達のもとへ出発です!

toyoma_g.jpg

みんなで楽しくおしゃべりしている所にこども達登場!
ついつい駄菓子を買っちゃいますよね。

toyoma_h.jpg

toyoma_i.jpg

ついでに、手芸作品の福袋まで売っちゃいます!

toyoma_j.jpg

即席なので、大したことはできなかったのですが、こども達もお客さんも楽しそうでした☆

実は"こどもたなカー"、来年度いわきで展開しようと準備をしています。
公民館、小学校、中学校と連携しながら、「教育」という視点も入れてやりたいと思っています。
非常に楽しみな挑戦です。
詳細が決まりましたらお知らせしますので、お楽しみに!

2014年も、いわきにて、いろいろ仕掛けていきたいと思います。


toyoma_k.jpg


日曜市のビンゴで歯磨き粉ゲット!
が、しかし、ココア味。笑  りょうへいでした。

低未利用緑地活用の先進事例調査 in 熊本・佐賀

現在、国交省のプロジェクトで、柏市の低未利用緑地の調査を行っています。
さらに調査を踏まえて、現状使われていないような庭や土地を、地域で楽しく活用し、それがまちの活気にも繋がるような、そんな提案を行っていこうと考えています。
今回は、そうした土地や建物の活用、オープンガーデンの先進的な事例である、熊本市健軍町の「よって館ね」、佐賀市の「わいわい!!コンテナ」と「庭の駅」の取り組みを視察してきたので報告をしたいと思います。

まずは、熊本市健軍町の「よって館ね」です。
01-2s.jpg
健軍町は熊本市の中心部から路面電車で30分、やや離れた場所に位置しています。お年寄りも多いですが近年若いファミリーも増えてきた、そんな町です。
01-4s.jpg
「よって館ね」は健軍商店街の一角にあります。
商店街を訪れるお客さんの健康相談にのったり、栄養関連の本を貸し出すスペースとして、健軍商店街の理事会のメンバーが2009年に立ち上げたのが始まりです。
01-5s.jpg
「よって館ね」の前には、目の前のスーパーから持ち出されたショッピングカートがたくさん。ここはタクシーの待合所でもあるんです。
商店街にやってくるご高齢のお客さんのためにタクシーの送迎サービスを行っていて、大変好評だそう。
01-6s.jpg
また英会話やそろばんなど様々な教室が催されたりして(訪れたときは刺繍をやっていました)、様々な世代の集まる活気の溢れた場として使われていたのが印象的でした。

また仕掛人である健軍商店街振興組合の理事長さんから詳しいお話を聞くことができました。賑わいの減り始めた商店街をどう盛り返すか、本当にたくさんのアイデアをお持ちで、そしてそれを着実に実行しているところに、感動しました!


では次に佐賀市の「わいわい!!コンテナ」についてです。
訪れた場所は、かつて商店街があり賑わいの溢れていたエリアだったそうですが、
02-1s.jpg
アーケードは短くなり…
02-3s.jpg
空き店舗や空き地がまちの半分以上を占めているような雰囲気がありました。

02-4s.jpg
わいわい!!コンテナは、この空いた土地を誰もが使えるように、芝生を敷きつめ、そこに読書室や、交流室、期間限定でお店を開ける”チャレンジショップ”など様々なコンテンツの入ったコンテナを設置したプロジェクトです。
02-5s.jpg
02-6s.jpg
コンテナと言うと、細長くて鉄でできていて、ものを運ぶためのもの…というイメージですが、実際にに入ってみると、電気も冷暖房もあり、開口部が大きくとられ、とても明るく快適でしたし、想像以上に広く感じられました!
人の集まる場ができたことで、わいわい!!コンテナの周りには、おしゃれなカフェや雑貨屋さんなど新しいお店も集まってきて、非常に良い雰囲気になっていました。
コンテナが置かれることで、素通りされるだけの空き地にたくさん人が集まってくる、
なんて素敵な取り組みだろうと思いました!


では最後に、佐賀市の造園屋さんたちが取り組んでいる「庭の駅」というオープンガーデンイベントについて。
このイベントの発起人である緑花工房さんにお話を伺うことができました。
それにしても素敵なお庭です!!!
03-1s.jpg
佐賀は土壌が良く、昔からたくさんの造園屋さんがあるそうです。
この「庭の駅」のイベントは、彼らがつくった庭や造園屋さんのお庭をオープンガーデンとして一斉に公開することで、これまで接点のなかったたくさんの人たちにも庭作りの楽しさを伝えられるのでは、と発案されたそう。
イベント中は、それぞれのお庭で盆栽作りや、サンドアートなどさまざまなイベントを自分たちで企画して開催したり、雑貨屋さんやパン屋さんを呼んでお庭で売ってもらったり、スタンプラリーを行ったりして、単に庭を見せるだけでなく、楽しめることを心がけているそうです。
庭を舞台に楽しむこと、はballoonの活動にも通ずるところなので、大変刺激を受けました!

03-2s.jpg
最後に、四季彩の庭というお隣の造園屋さんにバッタのつくりかたを教えてもらい、みんなでバッタをつくってこの視察を締めくくりました◎

視察先でお会いしたみなさん、本当にたくさんのお話を聞かせていただいてありがとうございました!この刺激を、自分たちの活動にどんどん活かしていければと思います。

以上、笹尾でした。

こどもたなカー 〜サツマイモな11月〜

11月の"こどもたなカー"の報告です!
"柏たなか農園"とのコラボで進めている今シーズン、11月からはサツマイモ・シリーズです。
焼き芋、芋掘り、販売という3つの企画です♪

まずは11月3日(日)の焼き芋作り。
この日はなんと早朝6時に集合!
まだ薄暗い中、こども達は元気いっぱいに登場!

imo_a.JPG

なぜそんな朝早くから焼き芋を作るのか?
それには理由が。
焼き芋作りの様子を見てみましょう!

まずサツマイモを洗って、泥を落とします。
"柏たなか農園"には水道が通っていないので、大事なタンクの水を少しずつ使います。

imo_b.JPG

洗ったサツマイモを新聞紙でくるみます。
サイズが大きいものはこの時にカット。
新聞紙でくるんだ後に水に浸したら、準備OK!

imo_c.JPG

こちらは火をおこしています。
うまく組んで、よく燃えるように。

imo_d.JPG

ここまでは普通の焼き芋ですが、ここからちょっと様子が違います。
謎の装置が登場!

imo_e.JPG

そうこれが"柏たなか農園"の焼き芋の大きな特徴。
実はこれ、籾殻を焼く道具なんです!
籾殻を運んできて、まわりに乗せるとこんな感じ。

imo_f.JPG

この中に先ほど準備したサツマイモを入れて焼くのが"柏たなか農園"流。
この方法だと低温でじっくり焼けて、とっても柔らかい焼き芋ができるんです♪
ただ、時間はとてもかかります。
それが朝早かった理由です!

imo_g.JPG

この日はお昼からマルシェコロールで焼き芋を販売する予定で、その前に作らないといけない。
ということで、早朝からがんばりました!

が、しかし、今回の焼き芋は失敗↓
うまく籾殻の中で熱が伝わらなく、なかなか思うように焼けませんでした。

今シーズンの"こどもたなカー"のテーマは、「商品を作るところから体験する」ですが、
まさに今回は、その「商品を作ること」の難しさを実感した焼き芋作りでした。
こども達、がっかりしてるかと思いきや、元気にヤギさんと遊んでいます。

imo_h.JPG

「次は成功させる!」とリベンジに燃えてました♪
頼もしいですね!


ということで、リベンジを果たすべく、11月17日(日)、再び"柏たなか農園"へ。
この日は、"柏たなか農園"の芋掘り大会に参加させてもらいました。

芋掘りといっても、ただ掘るだけではありません。
蔓を取って、ビニールを剥がして、サツマイモを傷つけないように、そっと掘り出します。
最初は難しかったのですが、コツをつかんだようで、どんどんサツマイモを掘っていきます。
虫やカエルとの遭遇に騒ぎつつ、泥んこのこども達。
まさに、土と触れ合う、ってやつです♪

imo_i.jpg

imo_j.jpg

imo_l.jpg

そして、芋掘りが終わると、遂にリベンジの時!

imo_n.jpg

imo_o.jpg

imo_p.jpg

今回は籾殻を新しいものに変えたため、熱がうまく伝わったようです!

imo_q.jpg

見事、おいしい焼き芋の完成☆

これまで、完成した商品ばかり売っていた"こどもたなカー"。
今回、「商品を収穫する&作る」ところから経験できたことで、
また新しい発想で販売をできるのではないでしょうか。
試行錯誤して、おいしい焼き芋まだたどり着いたこども達。
その目は、新たな"こどもたなカー"を企んでいるようです!
次回は12月7日(土)、マルシェで収穫したサツマイモを販売します☆

imo_m.jpg

芋掘りの後、こども達の鬼ごっこに巻き込まれヘトヘトの、りょうへいでした。

こどもたなカー  〜カボチャ料理WS〜

10月13日(日)、"こどもたなカー・プロジェクト"のワークショップの報告です!
"柏たなか農園"とのコラボレーションで進めている"こどもたなカー"。
農園での収穫、マルシェコロールでの販売に続き、
カボチャ・シリーズの最後に、みんなでカボチャ料理を作りました♪

今回のメニューは、ニョッキ&ポタージュ。

まずはカボチャを切って、種を除いて。

cook_1.jpg

cook_2.jpg

タマネギも。

cook_3.jpg

涙をこらえながら。

cook_4.jpg

見守っている人達がいますね♪

cook_5.jpg

さあ、いよいよニョッキの生地を作っていきます。

cook_6.jpg

こねて、こねて。

cook_7.jpg

なかなかよいですね。

cook_8.jpg

おっ、コンロの方では、シェフがポタージュの下ごしらえを。

cook_9.jpg

大量のカボチャをミキサーにかけていきます。

cook_10.jpg

こちらでは、ニョッキのソース作り。

cook_11.jpg

うまく茹で上るかな?

cook_12.jpg

おっ、おいしそ〜。

cook_13.jpg

いつの間にやら、カプレーゼも。

cook_14.jpg

はい、完成!!

cook_15.jpg

いただきまーす☆

cook_16.jpg



今シーズンの"こどもたなカー"。
販売するだけでなく、
販売する商品がどうやって生まれるのか?
どうやって消費されるのか?
そこまでを追ってみることを試みています。
それによって、"こどもたなカー"のアイデアもさらに広がっていくといいな、と思っています!

こども達の楽しんでいる姿を見ると、
これからどんな"こどもたなカー"が生まれるのか、楽しみですね!!

また、今回は、地域で活動している団体さんとコラボレーションをすることで、
自分たちが暮らしている地域の、新たな一面を見つけることができるのではないかな、とも思っています。
逆に、こども達の様子や、アイデアが、
地域の団体さんの活動を発展させるヒントになることも期待しています。

こども達のエネルギーで何か新しいものが生まれるのではないか。
それがまちを、もっと楽しく、もっと面白くしていくのではないか。
そんな化学反応を期待して、これからも"こどもたなカー"を展開していきます。

来月からはサツマイモ・シリーズです!
お楽しみに☆


なぜかこども達に宿題を突きつけられました。しかも、結構ハードルの高いやつ。大丈夫かな?笑 りょうへい、でした。

ナビゲーション