日々の記録です。1日1歩、3日で3歩・・・

記事一覧

こどもたなカーTシャツWS@柏の葉マルシェコロール

2013年は主に柏の葉マルシェコロールでこどもたなカーワークショップを行っていきます!

3月23日にこどもたなカーのTシャツをこどもたちがデザインするワークショップを行いました。人気の案を、今年のballoonTシャツにします!
タプレットを用いて、人気投票を行いました!

130323_tshirt1.jpg

条件は、balloonかtanacarかこどもたなカープロジェクトのロゴをどこかに入れること。同じロゴをつかっても、それぞれ違うデザインでどんどん作られていきます。

130323_tshirt2.jpg

こども屋台たなカーにディスプレーして完成☆

130323_tshirt3.jpg

マルシェに集まった皆さんに「かわいい」「かっこいい」「おしゃれ」という3項目の投票をしてもらいました。こどもたちのタブレットの操作はお手のもの!


130323_tshirt4.jpg

130323_tshirt5.jpg


「来場者の世代」「来場者の男女比」「かわいい」「かっこいい」「おしゃれ」などが、こんなふうに、グラフに反映されました。

130323_tshirt6.png

投票結果をもとに、どんなデザインが着たいか、改めて協議しました。
今年のカラーは、水色がいい!かわいいデザインが着たい!
車のマークも入れたい!などの意見をもとに、作成します。

130323_tshirt7.jpg

完成品はおたのしみにー!

すみれでした。

2012年度最後のICHIBA

先週の土曜日、2012年度最後のICHIBAを開催しました!

毎月第3土曜日に行ってきたICHIBA。
施設の利用者の方々には月に一度の楽しいお買い物になってきたようです!
ありがたいことに、いろいろな要望も出していただくようになりました。
「もっとこうしたい」「こういうこともやって欲しい」
そうやって、来場者と一緒にICHIBAを作っていきたいですね♪

ICHIBA_last_1.jpg

まだまだ地域住民の方の参加は少ないですが、
毎月お花を買っていってくれる方、
農家さん特製の漬け物を楽しみにしている方。
徐々に常連さんも増えてきています。
まだ始めて1年。
ゆっくり時間をかけて、地域の市庭を目指して。

ICHIBA_last_2.jpg

ICHIBA_last3.jpg

しかしながら、
今年度をもちまして、balloonはICHIBAを卒業します!(AKB風)
といっても、これはICHIBAの大事な次へのステップだと考えています。
この1年、柏の葉ビーチボールクラブ、あずみ苑駒木台の方々と、
一緒にICHIBAを作ってきました。
どうしたら施設の利用者も住民の方も楽しめるのか。
どうしたら目指している空間に近付くのか。
試行錯誤を繰り返し、今のスタイルになったわけです。

次のステップはこのスタイルを続けること。
そして次なる飛躍のチャンスを待つことです。

こういった地域を豊かにするための活動は、
やはり最後はそこに暮らす人、そこで働く人の手で持続されることが重要だと考えています。
balloonはあくまでも外からの組織であり、外からの組織としてふさわしい身の振り方をしたいと常に意識しています。
外からの組織だからこそ示せる客観的な視点。
外からの組織だからこそ取り組めるチャレンジ。
そして、外からの組織だからこそ訪れる、自ら身を引くタイミング。
より持続的な取り組みになるために、より地域に根付く活動になるために、必要なタイミング。

来年度からは写真に写っている鮮やか緑シャツ、
柏の葉ビーチボールクラブの方々がICHIBAを運営していきます。

ICHIBA_last_4.jpg


balloonはICHIBAを応援し続けると同時に、
また必要となるタイミングに向けて準備を進めていきます。
ICHIBAを発展させる上で、また外部の組織の力が必要となる。
そんなタイミングもあるかもしれません。

良い意味で、利用される。
必要な時に呼び、必要がなくなれば戻す。
活動の持続、空間の持続、コミュニティの持続のためであれば、
balloonはそんな存在でありたいと思います。


皆さん、1年間どうもありがとうございました!
これからのICHIBAの展開、楽しみです♪

この1年で野菜のおいしさをしみじみ感じた、りょうへいでした。

山倉 ~キット装着・ムービー作成~

先週の火曜日に山倉に行きました!

2013-3-19-momo2.jpg
今回は、なかよしの方のお孫さんも来てくれました。
おじいちゃんのお買いもののお手伝いなどしてくれてとても助かりました^^



今回の目的は、完成したキットがちゃんと使えるかを確認することと、ムービー作成のための撮影練習です。

2013-3-19-momo3.jpg

2013-3-19-momo1.jpg
キットは問題なく使えました。
籠が少し高い位置にあるので商品を取れるか心配だったのですが、そんな心配は必要なく、おばあちゃんたちは商品を選んでいました。

2013-3-19-momo5.jpg
ミニミニぷらっとでは、車にキットを取り付けたことで円を描くような動線ができ、スムーズなお買いものスペースが生まれます。

あとは、車からキットを取り出しやすくするなど微調整をしていきたいと思います。



次に撮影練習です!AD森川はやる気満々です。

momomomo1.jpg

今のところムービーの流れは、ミニミニストアでの一連の流れを早送りで流し、その合間に商品の紹介や、来てくれる方へのインタビュー映像を入れようと思っています。

momomomo2.jpg

買い物終わりにお話しをしているおばあちゃんにインタビューをしてみたのですが、さりげなく質問するのがとても難しい!ビデオを撮影していると、おばあちゃんたちも構えてしまいます。
AD森川として、素顔のおばあちゃんたちを撮影できるように次回は頑張りたいと思います。


今回、大栄でスーパーを経営している方が移動販売の様子を見学されていました。買い物難民が多いということから、移動販売をしようか考えているとのことです。

移動販売に興味をもってもらうことはとても嬉しいことです。
まだまだ多くの地区で買い物難民がいること。また、多くの地区で移動販売をすることで、人々の生活が豊かになって欲しいなと改めて思いました。


ムービー作成はもう少し時間がかかりそうですが、楽しみにしていてください☆
かぼちゃまんじゅうの大ファンのももでした。

大久日曜市とカナダビーフ勉強会

3/17 午前中に大久日曜市、午後にカナダビーフ勉強会がありました。

2013-3-17-iwaki1.jpg
大久日曜市では、以前にご注文を受けていた靴棚をお渡ししてきました。
この靴棚は、段の高さを調節することでヒールの高い靴やブーツなども置くことができま
す。木で作られているのでインテリアとしても可愛らしいですよね!私も家が広ければ欲しいなと思いました。

また、この靴棚に興味をもってくれた方から「花を置くのも良いね!」というご意見を頂きまし
た。たしかにここにいくつかの植木鉢を置いたら、とても可愛らしくなりますよね☆
今後の参考にしていきたいと思います。


午後は、PeMeLLの会によるカナダビーフ勉強会です。

まず初めに、手作りローストビーフの作り方をPeMeLLの会の方々に教えて頂きました。
2103-3-17-iwaki2.jpg
タレの作り方を学んだ後、実際に市販のタレで付け込んだお肉と食べ比べをしました。

やはり、手作りの方がダントツで美味しかったです。同じお肉でも調理法ひとつでここま
で変わるということを知ることができました。


次に、カナダビーフについてのレクチャーです。
カナダビーフは日本ではあまり浸透しておらず、今回多くの方にカナダビーフを知って頂くため、カナダビーフ国際機構の方にお越しいただきお話しをしていただきました。

カナダビーフは個体個別システムによって保護され、また穀物肥育のため苦味がなく品質の高いお肉だそうです。
カナダビーフの試食をしたのですが、本当に美味しかったです!説明を聞いてから実際に体感することで、お肉の味が印象に強く残り、「今度カナダビーフを買ってみよう!」という気持ちになりました。是非、皆さんもカナダビーフを食べてみてください。自称グルメの森川が自信を持ってお勧めします☆


説明終了後、今度は美味しいステーキの焼き方を教えていただきました。
2013-3-17-iwaki3.jpg

2013-3-17-iwaki4.jpg
コツとしては、お肉に塩、コショウをふってから、お肉の表面に油を塗ることだ
そうです。そうすることで味がしっかりつき、油をぬることでうまみを閉じ込めます。
また焼くときは、一度しかひっくり返してはいけません。そうしないと、うまみが流れてしまうそうです。


そのあとは、BBQ大会です!たくさんのお肉を頂きました。
また、焼いたお肉だけではなく、今回はシェフの方に来て頂き色々なお肉料理を食べることができました。お肉をほおばる皆さんの幸せそうな笑顔がとても素敵でした☆


食べることは生きていく上で必要不可欠なものであり、“食”を正しく学ぶことは大切なことです。今回の勉強会は、美味しいものを食べながら“食”を学ぶことで、人々の印象に強く残り“食”に対して意識を強めることができる最適の場だなと感じました。


今回、初めていわきに行きました。
「お肉を食べることができるよ!」と亮平さんに言われ、ひょいひょいついてきたわけで
すが…美味しいお肉を食べられたことだけでなく、いわきにはパワーをもっている方が多く、元気をもらうことができました。本当にありがとうございました。
是非また機会があったら行きたいです☆

社会人まであと少し。まだまだ学生気分の森川がお伝えしました。

冬の津和野訪問

津和野プロジェクトの報告です。

2月の13日から15日にかけて冬の津和野町へ行ってきました。
130213-14_tsuwano_6.jpg
山陰地方の冬の様子です。

今回は、移動販売業者さんへの訪問と行政職員とのワークショップの2つを中心に活動しました。
業者さんに移動販売に関する情報に間違いがないか、現状と変わっていないかの確認、今後の予定をお話してきました。

130213-14_tsuwano_5.jpg
業者さん手作りの竹のうなぎの捕獲罠。

ワークショップは、買い物弱者問題に関係する様々な課の方をお呼びし、制作したWeb-Mapを役場の人に見てもらいながら、どのような情報が必要かどのように使えるかの議論を行いました。

130213-14_tsuwano_1.jpg
Web-Mapの説明を行い、機能の使い方や考えられる効果の説明を行いました。

130213-14_tsuwano_2.jpg
互いによく知っている間柄か笑いの絶えない家族のようなやり取りを垣間みることができました。
買い物弱者問題という様々な側面をもつ課題に対して、縦割り行政内の分野を横断した実現方法を考えていきたいと思います。

今後の方針の決定までには至りませんでしたが、各々の現状や課題を共有し理解することができたのではないかと思います。

夜は津和野に滞在していた県職員の方との交流を深めました。
130213-14_tsuwano_4.jpg
130213-14_tsuwano_3.jpg
津和野町のお酒や料理が飲みュニケーションを円滑にしてくれます。

今後も定期的に津和野プロジェクトの報告を行っていきます。
最後の学生生活をどうしようかと考えて気付いたら終わっていそうで怖い、たいきがお送りしました。

ナビゲーション