日々の記録です。1日1歩、3日で3歩・・・

記事一覧

10月のICHIBA

10月20日、第三土曜日。
あずみ苑駒木台での"ICHIBAー市庭ー"の日です!
4月から始めた取り組みですが、毎月なかなか天気がよろしくない。。。
しかし、7回目の今回はとってもよい天気♪

入ってすぐのところには、鮮やかな花がずらっと!

ICHIBA_1.JPG


その先には採れたての新鮮野菜!

ICHIBA_2.JPG

ICHIBA_3.JPG

奥にはおなじみのネイル・コーナー、お手玉プールが見えますね。
今回は射的コーナーも。
お手玉プールは通りすがりのこども達をばっちり引き付けました。

ICHIBA_4.JPG

天気がよく、歩いている方が多かったのか、いつになく地域の方々が立ち寄ってくれたように思います。
こういった方々に、定期的に来ていただけると、地域と施設の距離も少しずつ近くなってくるのではないでしょうか。

ICHIBA_5.jpg

一方で、7回開催してみて感じたのは、思った以上に高齢者施設が地域とは離れた存在であるということ。
でも、ICHIBAを通して、そういった近付き難いイメージが、自然と、いつのまにか、薄れていく。
ICHIBAが行われる楽しい空間と認識される。
そんな場所にしていきたいと思います。
今年度はあと5回。そういった布石が打てれば。

話は変わりますが、今週末、ICHIBAで出会った農家さんの畑で里芋掘りを行います。
プロジェクトを横断して、"こどもたなカー・プロジェクト"のワークショップです。
そんな繋がりが生まれてくるのも、ICHIBAの魅力ですね。

さつまいもより里芋派、りょうへいでした。

いわきイベント@朝市

去る10/21、いわき市の朝市にたなカーが出張してまいりました。

P1120465.JPG
澄み渡る秋空のもと、清々しい朝市!

P1120431.JPG
朝市では、新鮮な地元のお野菜がお出迎え。
P1120430.JPG
お漬物の種類と出来は圧巻でした。


さて、今回たなカーの出店内容は、朝食たなカーです。
前回に引き続き、車なし棚だけスタイルです。

P1120427.JPG
こちらは、朝食たなカー。
朝食のメニューは、おかゆと焼きおにぎり。
朝早い朝市。
朝市に行ったついでに朝食も食べれたらいいよね、
というアイディアからうまれた、たなカーです。

P1120424.JPG
おかゆたなカーは、温かいおかゆをご提供。

P1120437.JPG
朝市のお漬物もおかゆのお供に。
これは見ているだけでぐっときますね、、、
お腹減った、、、

P1120426.JPG
お手軽で、美味しいおかゆは好評を頂く事が出来ました!


さて、今回はもう一つのたなカーが出現。
それは、休憩所×図書館たなカーです。

P1120442.JPG
こちらは、多くの人が座り込むという縁石沿いに。
以前から興味のあった、図書館たなカーと、
買い物疲れの方がちゃっかり座れるベンチです。

P1120462.JPG
図書館では、まるで常連!と思う程、
ベンチでリラックスして読書をなさる方も出現。
こんな風にすぐに人に馴染むって中々嬉しいですよね。

P1120455.JPG
また、ベンチは買い物の一休みには最適だったようで、
腰かける方もちらほら。


P1120452.JPG
ベンチに腰かけた人々からうまれる、
”井戸端会議”
balloonが目指す、ぷらっとにとっても近い光景です。


と、ゆったりとした時間の中、太陽もすっかりカンカン照りとなり朝市は幕を閉じました。



今回の朝市での驚きは、もう既にぷらっとが存在した事。

P1120445.JPG

今までballoonが創りたいと思っていたぷらっとが、
もうここには存在していました。
それはそれは、とても自然に。

こうした空間を形成するまでには、
主催の方々の「続ける」事への努力あってこそと、
主催者の方の言葉から学びました。

ぷらす、訪れる人々も創り出す空間がぷらっとなんだろうな、
と、ぼんやりと思いました。

今後はこの朝市へも定期的に参加し、
ぷらっとを学ばせて頂きつつ、
balloonのぷらっとも模索したいと思いました。


P1120473.JPG

次に行くときは、しだれ紅葉(国指定天然記念物)が真っ赤になっているといいな~~~
と、わくわくな、さいこでした。

いわきイベント@高齢者介護施設

P1120323.JPG
去る10/14、いわき市の高齢者介護施設で行われたイベントに、
たなカーが参加してまいりました。

P1120352.JPG
今回行われたイベントは、お祭りの様な雰囲気の中開催されました。

P1120329.JPG
利用者さんと、そのご家族、または近所の方々、はたまた地元学生、、、
と多くの方が楽しめるお祭りです。

P1120366.JPG
当日は、金魚すくいも登場!
熱中する子供たちと、それを見守りつつも熱くなる父兄の方々が微笑ましかったです。

P1120368.JPG
また、いわきならではの、フラダンスの公演まで!
老若男女問わず、可愛らしいチアガール達に夢中でした^^




…と、余談はさておき。



本題の、たなカー出展のご様子を。
今回はテント下のスペースを頂き、
車なしの棚だけ・たなカースタイルです。

P1120330.JPG

P1120309.JPG
車がない分、お客さんにどう魅せようかと、棚の配置もこだわってみたり。
今回もパートナーの農家さんと出店し、色とりどりの野菜で埋め尽くされました。

P1120342.JPG
販売開始となると、集まる集まる、ヒトの山。
やはり、色とりどりの野菜が目をひいたようです^^

P1120343.JPG
そして、お店の表だけではなく、テントの中までしっかり入って下さり、
商品を吟味するみなさん。
大盛況でレジもてんやわんや。

P1120341.JPG
こちらは自然と生まれるコミュニケーションからの買い物風景。
顔の見える買い物は、それだけでなんだか特別な気がしますね。


と、あれよあれよという間に棚は空になっていったのでした。


今回はたなカーの「カー」である車もなく、
少し入り込んだテントの元での販売という事もあり、
「車なしはインパクトにかけるし、テントの下だと入りにくく、
敬遠されるのでは…」
と、当初は不安がよぎりました。

ましてや、
「たな"カー"と言っておいて、車なしって…」
なんて、そもそもの疑問/つっこみも。。。


しかしながら、いざ始めてみると、
皆さん、ぐんぐん寄っては入り込み、
更には棚を褒めて下さる方も多数いらっしゃいました。
車がなくとも、棚とその空間さえあれば、
自然とたなカーは出来上がるのでは、と、
たなカーの利用法の新たな一面を発見できた気がしました。

balloonの目指す、
ぷらっととたなカーが自然と融合した空間になったのではと感じました。

いわき市での活動は今後も継続してまいりますので、こうご期待です!

P1120331.JPG

以上、TシャツGETではっぴー!な さいこ でした^^

ぷらっとガーデン+リンクカフェ

9月23日、柏ビレジの住民の方のお庭と中心商店街の空き店舗を利活用して、
地域の交流の場にするイベント、
「ぷらっとガーデン+リンクカフェ」を行いました。
交流の場が少ない住宅地でも、見方を変えれば自宅の庭などの私有地や使われなくなった店舗も、開放すると地域の人と楽しめる場になるかも、
という社会実験です。
いままではオープンガーデンと呼んでいたのですが、
今回は気軽に立ち寄れる庭、という意味で「ぷらっとガーデン」と呼んでいます。
地図を配布し、スタンプラリー形式で実施しました。

残念ながら当日は雨。お庭の活用はなかなか難しい状況でしたが、
120923_1.JPG

庭主さんのご協力で、2軒のお庭での開催がきまり、
家の中からお庭を見ながらイベントを実施できるようにしていただきました。
120923_2.JPG

1軒目では、
マスキングテープのアートと、(はがき作り)
120923_3.JPG

押し花の工作(コースター等)を行いました。
120923_4.JPG

柏ビレジの近くを描いた絵画や、写真の展示等もおこないました。
120923_5.JPG

2軒目では紙芝居。
120923_6.JPG

すべて図書ボランティアによる手描きで、なかなかの力作でした。
大きいおばさんの後ろの犬の表情が何とも言えない!笑
枠は庭主のご主人のお手製。
120923_7.JPG

お庭も家の中から見えるように工夫して下さってました。
そんな風にみたことはあまりなかったのですが、
雨にぬれるとよりいっそう緑が鮮やかに見えますね。
120923_8.JPG

こちらは一人乗りの電気自動車、コムス。
社会実験として、商店街から荷物を持ってきてくれました。
まだ公道を走るのは色々と手続きが大変みたいですが、高齢になっても気軽に外に出る手段として、また、簡単な配達の手段として今後使われるようになっていくのかもしれません。
近未来!
120923_9.JPG

商店街の様子。
ビレジの「リンク」となる場所という意味で、
今回のイベントではリンクカフェという名前になっています。
ケーキ+お茶セット、おつまみ+ビールセットが用意されていました。
商店街のパン屋さんのケーキは完売。
120923_10.JPG

花工房カモミールさんのご協力で、お花屋さんもこちらで実施しました。
スタンプラリーのプレゼントも用意して頂いて、参加者の方も大変よろこんでいました!
120923_11.JPG

雨で肌寒かったこともあり、お庭を使うのには向かない天候だったのですが、
たくさんの方のご尽力によって楽しいイベントにすることができました。住民の方も楽しんで準備されていたことが印象的でした。少しずつ、輪が広がっていくのを感じられたと思います。

つぎこそはお天気がいいときに行いたいですね。
来年度の柏市との協働事業もあるので、今回の成果を生かして、今後もよりよい「ぷらっとガーデン」を考えていきます!

初秋、津和野。

津和野プロジェクトの報告です!

balloonとしては5回目になる津和野町に9月の19−21日の3日間滞在してきました。
今回の目的は、補助事業の現在の進捗と今後の方向性の確認と提案内容の進捗状況を町役場の方々に見てもらいながら意見を頂いてきました。

私たちの提案は複数の課にまたがっているため、各課の方に意見を聞きながら調整し、合意を得ながら資金面や進め方について確認したり、成果物に対しては必要な機能を盛り込んだり、過剰な機能は削ぎ落としたりしなければなりません。
誰が、どの情報を必要としていて、こんな情報があれば、買い物不便地域の人々は助かるかもしれない、この情報をこの部署とあの部署が見れたら、などとある程度仮説を立てて考えながら制作し、現場の生の声を聞いてより使いやすいように仕上げていきます。
120919_5.jpg

打ち合わせは、離れた庁舎を行ったり来たりし、町長を始めとしたたくさんの方にお話を伺うことができました。

また、前回登場した山間部に住む、おばあちゃんのお宅まで今回も足を運びました。
このお宅に移動販売を行っていた業者さんが諸事情によりお店をたたんでしまったと聞いておばあちゃんがどのように暮らしているか心配でした。
120919_1.jpg
お話を伺っていると、別の業者さんが販売に来ていたり、近くに住む方にスーパーに連れて行ってもらったりしていることがわかりました。話し好きで毎日誰かに電話をかけて一日の報告をしているそうです。お元気そうで何よりでした。

打ち合わせの間には、津和野の名所「掘庭園」に連れて行って頂きました。
120919_2.jpg
日本庭園の美しさを感じることができました。

打ち合わせのあとの夜は、清流日本一に選ばれた高津川ならではの山の幸、津和野町特産品のあゆと毛ガニと、こちらも津和野町の名酒である日本酒「初陣」とともに頂きました。
120919_4.jpg
とれたてのあゆを丸焼きにします。あゆは苔しか食べないそうで、はらわたまで頂けます♪

120919_3.jpg
津和野町では”しし肉”も食べることができます。命のありがたみを感じます。

その土地の美味しいものを頂けるというのは、まちづくり活動の醍醐味でもありますね。

今回の滞在を通して思ったことは、まちづくりにおけるキーパーソンの重要性でした。
特に、過疎地域では、高齢化や人口減少も急速に進んでおり、見えないところで刻々と状況が変化していく現実や人の代わりはいないことを身をもって知り、不慮の事故や思いもよらない形で計画が頓挫することはいくらでもあり得ることに気付かされました。
現在の社会では、代替の効くハードではなく、ソフト面が重要になってきています。”人”に対してそれだけ投資をするということの難しさを知りました。
計画に柔軟性を持たせて提案していくことが重要ですね。

ご飯とお酒が美味し過ぎてついつい飲み過ぎてしまい、次の日にグロッキーになってメンバーに迷惑をかけた、今回津和野町初訪問のたいきでした♪

ナビゲーション