balloon_logo
  • twitter
  • 活動の成果


たなカー&ぷらっと
「機能を動かす」ことに着目
し、提案をしているのが、“た
なカー&ぷらっと” です。日
常生活に必要な商品の販売や、
暮らしを支えるための医療、
行政サービス、文化的な楽し
みをもたらすものまで、様々
な形で考えられるモバイル施
設“たなカー”。その“たなカー”
が停車する場所“ぷらっと”。
両者を連動させてデザインす
ることで、地域での暮らしを
支えていく基盤を作ることを
目指しています。商品を載せ
る棚のある車“たなカー” と、
地域のプラットフォームとな
る“ぷらっと” のネットワー
クが、これからの都市デザイ
ンの一つの形だと考えていま
す。地域の誰でも歩いて来ら
れる場所に“ぷらっと”を作り、
そこに様々な“たなカー” が
来ることで、地域のニーズに
合ったサービスを提供します。
それと同時に、地域の住民が
自然と集まる空間を生み出す
ことが大きな狙いです。



地域空間の創出
住民同士が世代を超えて自
然と集まれる、顔を合わせる、
交流できる空間が、これから
の地域コミュニティにとって
非常に重要です。そういった
気軽に共有できる「地域空間」
の存在が、これからの社会に
必要だと考えています。“たな
カー” がやって来て、まちか
どにそっと機能を置く。そこ
に目的が生まれ、人々がやっ
て来る。その器としての“ぷ
らっと” をまちかどにつくる。
“ぷらっと” はコミュニティの
核となる場所です。“たなカー”
の機能を意図的にコントロー
ルし、こどもも高齢者も集ま
るようにすれば、多世代が共
有する「地域空間」となります。
さらに、“ぷらっと” を“たな
カー” が来ない時にも使われ
る空間として整備することで、
より地域に根付いた「地域空
間」にできます。「地域空間」
を住民と共に築いていく、育
てていく。balloon の目指す
これからの地域社会です。